Argile(銀座・フレンチ)

May 21, 2018

 

 

 

 

 

 

3ヶ月ぶりのArgile 

ミシュラン1つ星✨
同ビル9階ミシュラン2つ星「エスキス」の姉妹店です。
夜はアラカルトもあり、使い勝手抜群のこちら、9階はサービスもワインも素晴らしいですが、高いワインをスパコンスパコン開けるのでなければ...私は断然、7階をお勧めいたします。

前回2月は打ち合わせ兼ねて殺伐とした気持ちで訪れた、今回は色々ひと段落、穏やかな気持ちで来れたことを心底幸せに思う。

今の旬は絶妙に難しく、甘味を帯びた(ぼーっとした)ものが増えていく中で、やはり真夏とは違う絶妙な苦味を表現していくそのさまは、やはり「輝さん流石(サステル)」としかいいようがない。
例えば、ホタルイカは旬を微妙に過ぎたのではないかという疑問も、作り手が輝さんだからという理由で安心できる。てるさんは、一切食材に妥協しない、食べ手を絶対に騙さないって知っているから。実際に、カリフラワーのムースとコンソメに合わせたホタルイカは、輪郭だけを残した絶妙な使い方で素晴らしいと思った。

どれもこれも感動があり素晴らしかったが、やはり今回のメインである牛タンに痺れた。
これ程までに滋味深い牛タンが、他にあっただろうか....
牛独特の、出汁のように五臓六腑に染み渡る余韻の残る旨味、シャクリシャクリとハツのような軽快な歯応え、そしてその分厚さの割にあっさりしていくらでも入るこの感じ...
もう...両手を挙げて、降参だ!

このお店は、期待値を必ず上回る。
要の部分は輝さんがしっかり手綱を握っていて、食材がお皿の上を自由に踊っている感じ。輝さんだからコントロールできている、斬新で個性的だけれどギリギリの所でまとまっている。このワクワク感、たくさんのピースがあるジグソーパズルをぴったりはめていく感じ。心底、楽しい。

浅はかではあるが、私は美味しいものを食べると、幸せになる。シェフの人柄を知ると安心できる場所となる。単純明快だ。
サービスの子が「相変わらず食べるの早いですね」って笑ってた。そう、美味しいものは、ペロリなんだよ。胃袋が膨らんで、いくらでもはいる。



 「美味しい」は、それだけで正義。


#argile
#アジル
#フレンチ
#tokyo
#ginza
#foodie 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

グリコ「幼児のみもの」広告、たまひよ5月号に掲載!

April 23, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ