「日経xwomanプロジェクト」アンバサダーに就任

December 4, 2018

 

「日経xwomanプロジェクト」アンバサダーに就任しました✨

私が2冊目の書籍を出版させていただいた日経BP社。

既存webメディア30-40代向け「日経Dual」に
20-30代向け「日経doors」と
40-50代向け「日経ARIA」が加わり
「日経xwoman(クロスウーマン)プロジェクト」がスタート!

新2メディアは来年2月から、そして私を含めた3web媒体のアンバサダーが発信する日経xwoman Terraceは、来年5月からスタートです。
先日ミッドタウンで行われた一般向け発表会に参加させていただきました。


私、仕事の合間に40分くらいしか伺えなかったのですが...
赤ずきんちゃんみたいなちんちくりんコート着て、ぷりぷり伺ったら、、、
スーツぱりっと着こなすワーキングウーマンがたくさん居て、、、
しかも満席で、、、
みんな意識高そう、、、
仕事も子育ても趣味も全部大事!みたいな
プラスのエネルギーに会場全体が満ち溢れていて、、、

へっぽこフリーランスの私がココに居ていいんですかって最初思いました涙

でもね、会場への質問(スマホを使ってそのままオーディエンスが回答できる)で、
「夫の家事育児の分担は正味何パーセントだと思いますか?」
の質問に、大半が「25%」と回答。
(この意識高い系ワーキングウーマンの夫なのに25パーセントって低すぎないか、、、
我が家は10パーセントくらいだけど)

さらに次の質問で、
「夫が主に担当している家事・育児はどれですか?」
という質問に「ごみ捨て」が圧倒的多数!

なんだ!萎縮していたけど、へっぽこフリーランスの私(我が家)と一緒じゃん!
(ちなみに先ほど我が夫に、自分は分担何パーセントの自覚なのかと聞いたら15パーセントとのこと)

はたからどれだけキラキラして見えていたって、
どれだけスーツを華やかに着こなしていたって(私は壊滅的に似合わない)
みんな同じような壁を持って、じたばたしながら、
社会のシステムや見えない慣習に抗いながら、文字通り戦いながら、
日々生活している。

それを見て、なんだかひとりじゃないなって、
仲間がいるんだって、少し救われた思いがしたのでした。

アンバサダーって、大使...!
何をするかというと、、、自分の思っていること、
社会問題とかも自由にTerraceのブログで発信していいみたい!

私、もう世の中に物申したいことありすぎるので笑、
率直に書いていこうと思っています。

このプロジェクトのおもしろいところは、
20代から50代まで全世代の働く女性をカバーしているところ。
最初は、いやいや自分の世代以外は興味ないし。。。って思っていたけれど(ごめんなさい)、
発表会のトークイベントで登壇されていた 正能 茉優さんという20代の方がすごく頭の切れる女性で、傾聴に値するとはまさにこのことで、たまげた

最近年下の経営者とご一緒する機会があり、
日本を変えていくのは私たち30代だと思っていた認識が、
完全に変わった。20代かもしれない
年齢は関係なく、優秀な人は、優秀。

同時に、子育てからある程度解放されて、
今一度、自分自身に向き合う世代である40-50代の話も興味深かった。
気付けば友人も、私の場合圧倒的に年上が多い。
歳をとれば、経験をすれば、勝手に素敵になるのではなく、
歳をとればとるほど、ありときりぎりすの差は大きくなっていく。
自分の描く10年先をいく、素敵な女性の話を聞けるのはおもしろいなと純粋に思う


Terraceについては、アンバサダーは物書きのプロではないので、どこまでクオリティの高い文章が集まるかは難しいところだと思うし、各アンバサダーが変に見栄を張らず、等身大、赤裸々に語ることがこのプロジェクトの鍵だと思うんだけど、、、
私の尊敬する 羽生 祥子 さんが立ち上げられた&編集長なので、必ずや面白いプロジェクトになることは間違いなし✨
とにもかくにも、これだけ元気な女性がいるなら、、、
どうやら未来は明るそうだ🥰

日経ARIA
https://nkbp.jp/aria2018

日経doors
https://nkbp.jp/doors201 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

グリコ「幼児のみもの」広告、たまひよ5月号に掲載!

April 23, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ