東京理科大「TEICイノベーションBootcamp」

April 2, 2019

週末は、東京理科大で開催された「TEICイノベーションBootcamp」2日間の体験型ワークショップに、学生さんのメンターとして参加をさせていただきました。

 

インターネットで映像と音楽の世界が激変し、家庭のリビングルームでは大変革が起きているが、キッチン等食のイノベーションは、意外と進んでいない。
今回は、実際に自動調理ができるホットクックとバーミュキュラを使って料理を作り、課題発見、食の新事業のコンセプト設計までもを試みました。

 

1日7-8時間缶詰でのワークショップ。

基本は学生さんへのアドバイスと思考プロセスの方向性をいざなう感じで、

でも私自身の頭の中も整理され、とても勉強になりました。

 

 

今の学生さん、ほんっとうにしっかりしてる(どこか冷めてるというか)。使ってみたかった最新家電調理器具、学生は学生チーム、メンターはメンターチームで料理を作ったら、学生チームはレシピ通りに作り滞りなく食べていましたが、メンターチーム皆が個性強すぎて、レシピ選びからしてカオス、出来上がった料理も超個性強くて、とても面白かったです🤗初めて使う調理器具は、レシピ通りに作るのが吉ね!

 

そして女子学生で卒業後すぐに起業したいと思っている人がこんなにいるとは驚いた...!

 

私自身は会社勤め経験なく、いきなり個人事業主からスタートしたので、当然教えてくれる先輩もおらず、名刺の渡し方からビジネスメールの書き方からさっぱりわからなくて見よう見まねで、企画書の書き方もわからなくて、特に大企業と仕事する上で大変苦労し悔しい経験を結構しました。

 

「起業はいつでもできるから...とりあえず新卒で大きめの企業に入って最低限のマナーやビジネス的フォーマットは身につけておいた方がいい」と何の変哲も無い常識的なアドバイスをしてしまいました😅
私はそう思うけど、会社勤めの人からすると、一旦会社勤めの安定を手に入れたらそこから起業するの勇気いるという人もいるし、正解はないよね。

それでも学生のうちから色んな社外人の人の話を聞いて、色んな選択肢があるって知るのはすごくいいと思う。

経験に勝るものなし✨

 

ご一緒させていただきました皆さまありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

グリコ「幼児のみもの」広告、たまひよ5月号に掲載!

April 23, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ