【イベント告知】 1月25日(土) KRD日本橋でのセミナー

令和時代を一言で表すと、「深刻な少子化時代」となるのではないでしょうか。 そのためにも、社会で子育てを変えていかなければならない。子育てがきつかったら、誰も子どもを産みたいと思わないからです。 今回のセミナーは、『親自身が変わること=親が心身ともに健康で笑顔でいること』 を共通のテーマとして、 睡眠、心の教育、食という3つの視点からお話をさせていただきます。 私はもちろん、食担当。 食育というと、安心安全な食べ物、栄養豊富な食べ物、こういったお話が中心になってしまいがちですが、 どれだけ安心安全で栄養豊富な食べ物をお皿に並べたところで、それらを子どもが口にしなければ、子どもが食べておいしいと感じられなければ、全く意味がありません。 大人も子どもも楽しく彩り豊かな食生活を送ることで、より子育てが楽しくなったらという願いを込めて・・・ まだお席があるようです。 ※マミーサロン(東銀座)での講座は、1月25日離乳期、2月2日幼児期どちらも満席で、キャンセル待ちの受付をしております。 詳しくは、マミーサロンさんに直接お問い合わせください。 審食美眼主催講座につきましては、近日中に事務局よりご連絡がいくかと思いますので、お申し込みしている方は今暫くお待ちください! ---- 子育て最新科学を学んで、育児をもっとアップデートしませんか? 今回は最新科学に基づいた実践に活かせる子育てを、「心の教育・ねんね・食事」の分野から専門家ママたちが講演いたします! 40名限定のイベントですので、お申し込みはお早めに! 詳細・お申込みはhttps://peatix.com/event/1401541

2020年明けましておめでとうございます!

2020年明けましておめでとうございます! こちらのブログは半年ほどめっきり更新が途絶えておりましたが... 初めましての方が増えた&最近は仕事内容が変わってきたので、改めて自己紹介をしようと思います✨ フードアナリストのとけいじ千絵です。 元々は飲食コンサルや商品開発からスタートして、美味学を主軸に「おいしい」にまつわるコンサルをしていました。 自身に子どもができたタイミングで食育の資格を取得したものの、その教科書が、食事をおいしいと感じる為の様々なアプローチなしに、栄養のことだけ先行している状況に違和感を感じました。そこで、それまで私が仕事で培ってきた美味学的アプローチと食育をコラボさせたのが、「子どもの味覚の育て方」という講座です。食育もさることながら、味覚教育、感性教育に主軸を置いています。素敵な編集長やライターさんと出会い、日東書院から出版したのが、「子どもの味覚の育て方」という本です。とはいえ味覚教育だけでは外部から講座依頼を受けた場合に講座として完結しないので、日々の育児での食事疑問に答えるべく「子どもの頭がよくなる食事」という本を日経BP社から出版しています。これは今でも題名をしくじった(私が付けたのではなく、編集部が付けたのだけど)と思っています、いわゆる育脳本ではなく、真正面から食育を考えた、まっとうな食育本です。また、マフィスという保育施設付きシェアオフィスの給食監修もしています。 他方、元々私はロースクール出身、法務博士号(専門職・慶應義塾大学大学院)取得で膨大で冗長な論文を読むことに慣れているため、そうした論文に日々向き合い、噛み砕いて皆さんにお伝えす

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square